八王子の婦人科 内科 医療法人社団 せいこう会 エヌ・エスクリニック


健診・人間ドック 骨粗鬆症について
ドクター紹介トップページへ
 

月経困難症や月経異常でお困りの方、不妊によるお悩みをお持ちの方、更年期によるトラブルをお持ちの方、人工妊娠中絶をご希望の方など、様々な婦人科の病気や悩みの相談にお答えしております。

婦人科診療受付
初めて婦人科を受診される方へ
初めて当婦人科を受診される方は、午前は11時まで、
午後は17時30分までにお越しくださいますようお願いいたします。
1.次のような症状がある場合、婦人科を受診しましょう。
生理がこない、生理の量・日数・周期がいつもと違う
ホルモンの分泌をコントロールする脳下垂体や卵巣の働きが、乱れている可能性があります。

生理痛が耐えがたいほどである

子宮内膜症や子宮筋腫などが考えられます。
おりものの量や色、においがいつもと違う/外陰部にかゆみ・痛み・腫れなどがある
クラミジアや淋病などの性感染症やカンジダ膣炎などの疑いがあります。
下腹部が痛い
クラミジアなどの性感染症や子宮内膜症、子宮筋腫の疑いがあります。
妊娠の可能性があれば、子宮外妊娠の疑いもあります。
生理以外に出血がある(不正出血)
ストレスや不規則な生活によるホルモンバランスの乱れでも起こりますが、子宮筋腫や子宮ガンなどの疑いもあります。

性行為時に出血がある

膣炎や子宮膣部びらん、頸管ポリープ、子宮ガンなどの疑いがあります。
2.婦人科ガン検診を受けましょう

婦人科のガンは10代から発症することがあります。早期に発見できれば治るものですので、最低1年に1度はガン検診を受けましょう。ガン検診は保険が適用されませんので、全額自己負担となりますが、患者様の症状・状態によっては保険適用となりますので、医師にご相談ください。

八王子市特定健診・がん検診等に関してのお問い合わせ
TEL : 042-648-5880
3.「ピル」の活用法

低用量ピルには、避妊効果に加え、旅行や大切な予定などと生理が重ならないように、生理予定日を調整できる。生理の出血量が減り、つらい生理の痛みがやわらぐ。など、その他にも様々な働きがあります。

 
Copyright (C) NS CLINIC. All Rights Reserved.